全12色ペプシへの着実な一歩――ペプシホワイト

2008年10月22日

新製品に定評のあるペプシ、「ペプシホワイト」を期間限定発売 – ニュース超速報!
「ペプシホワイト」期間限定発売 爽やかなヨーグルト風味の“白いペプシ”が新登場 – Suntory ニュースリリース
ヨーグルトフレーバーのペプシホワイトが登場。
PEPSI WHITE
味は普通のコーラ…のはずなんだが、ヨーグルトフレーバーに打ち消されたのか全然コーラじゃない。むしろただのサイダーのような感じがする。
これからもペプシは全12色フルコンプリートに向けて頑張って欲しい。

2 thoughts on “全12色ペプシへの着実な一歩――ペプシホワイト”

  1. 初めまして管理人さま。続・舞姫「ベルリン駅前にて」読ませていただきました!あちらで同様のコメントをさせていただきましたが、だいぶ前のページのようなので、念のためにこちらにもさせていただきました。
    『舞姫』はとても大好きな作品で高校時代に授業で知ってエリスに一目ぼれ(?)して、ラストでは彼女の悲劇に涙して、彼女を捨てた豊太郎と彼女を狂気に追いやった相澤を激しく憎んだことをよく覚えています。
    エリスと豊太郎が再会したら…と私もいろいろ考えましたが、できれば幸せな形で再会を…というわけにはいかないんでしょうかね…管理人さまの作品を読んでまたあの時の思いを思い出しました。ありがとうございます。
    ただ、あれから17年後ということならエリスはまだ36~37歳ぐらいだと思います。当時としてもまだ「初老」という年ではないはずです。まだまだ女性として成熟した美しさがある年代のはずでは…可憐で美しい彼女に魅了された私としてはこの描写はちょっと…と感じました。すみません。
    豊太郎はきっと生涯、エリスにしてしまったことを悔やんでいた…彼女のことを最後まで彼なりに愛し続けていたのでしょうね…そんなことをこの作品を読みながら感じました。

  2. ありがとうございます。
    PCの片隅に埋もれていたのを載せた甲斐がありました。
    「初老」という部分は外見を変えてしまうほどの苦労を重ねていた、という意味を入れています。
    ちょっと残酷ですけれども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。