夏休みロングライド2012(3日目~4日目)

2012-08-27 13:11 | 雑記 | § 2

大阪から姫路を経由して小豆島を走った記録。

8/4(土) 大阪~姫路(106.28km)
8/5(日) 小豆島一周(68.1km)
8/6(月) 高松散策(32.0km)
8/7(火) 高松散策(39.8km)

8月6日(月)

(高松散策2日分の走行ログ)

まずは朝起きて、@u1と共に高松へ向かう。

10時40分ごろ、栗林の上原でうどんを食べつつ@r_takaishiと合流する。

適当にどこか走りに行こうということになり、屋島へ向かうことに。

屋島の北端に行こうとしたが、舗装路だと北端の手前までしかたどり着けなかったのでそのまま屋島をぐるりと一周した。

わら家で生醤油うどん。

その後@jacopen宅へ向かうが、途中で落車する。

国道沿いでぼーっと漕いでいたら前方の@r_takaishiが減速したのに気が付かずそのまま激突して前方にすっ転ぶ事になった。奇跡的に怪我はなかったのでよかったけど、後ろから車が来ていたら確実に轢かれていたに違いない。そして接触で@r_takaishiのディレイラーを壊してしまった。(その後、自宅までは走れたものの後で完全に壊れてしまったらしい)

今日は大学でトークをする予定だったので、@jacopen宅で黙々と資料作り。そんなもん事前に作っておけという話ですよね。時間ないので超やっつけです。

16時頃、香川大学工学部に到着。インテリジェントパークには何度か来たことあるけど大学の敷地には初めて入るので緊張する。

トークはまあ無事に終了。懇親会に参加して家に帰れなくなったので、@jacopen宅に泊まらせてもらう。彼には毎度世話になりっぱなし。船の最終便を逃して泊めてもらうのはもはや何度目か分からない。

8月7日(火)

朝起きて、何はなくともうどんを食う。@jacopenと@u1と3人で香川大学工学部の向かいにあるたも屋へ。ここのざるは割と気に入った。

@r_takaishi宅に寄り、昨日壊れたディレイラーの様子を確認する。自走できず要修理ということだった。

引き続き@jacopenと@u1と3人で高松市内散策へと出発。@jacopenは体調不良で1日目~2日目(大阪~姫路~小豆島走行)を丸ごと断念していたけど、この日はずいぶんと回復していた。

いくつかの丘を越えつつ公渕森林公園に到着。そのまま公渕池をぐるりと一周。途中山道だったりでこぼこのコンクリート舗装だったりとエキサイティングなコースだった。

木陰で一休み。
このロングライド中でもっとも夏休みらしい瞬間だったかも知れない。

ツールドフランスのような沿道風景。

昼食はもり家のうどん。

塩江海道を通って仏生山公園へ到着。あまりの暑さに水浴びをする。誰もいないことをいいことに、汗でぐしょぐしょになったウェアを洗濯したり水を掛けてはしゃいだりとやりたい放題。ウェアは日光で熱された石の上に置いておくと短時間で乾いた。

その後、@jacopenと@u1とは別れて帰宅の途に。商店街でうどんを食べる。

夕暮れとともに島へ。
これにて夏休みロングライドは終了。今年も怪我がなくてよかったです。

なお、大阪に戻るときは自走せず、時間が惜しかったので宅急便で自転車を送ることとなりました。

まとめ

今年は2年前や3年前の夏休み走行とちがって装備は万全で水分と養分補給をこまめにとったので、特にどこかを痛めたり体調を崩したりすることはなかったです。全身がじんわりと疲れてだるい感じで収まりました。

ただ日焼け対策を軽視していたために、後半は日焼けのジクジクとした痛みに悩まされることとなりました。露出部分となっていた顔、首、手首(アームカバーとグローブの隙間)、そして腿から下がとても痛いことに。特にふくらはぎはペダルを漕ぐときに上からの日光を容赦なく浴びるので最もダメージが大きかったです。湯船に浸かると痛いのなんの。2日目以降はきちんと日焼け止めクリームを塗っていたものの、1日目の時点で相当やられていたようで痛みが消えることはありませんでした。次回は初めから対策をしておきたいものです。

関連

夏休みロングライド2012(1日目)
夏休みロングライド2012(2日目)
四国ロングライド2010

Pocket

人気の記事

§ 2件のコメント

  • このページについて

    yagitchの日本語練習帳です。本のレビューとか技術的なメモとか。詳細≫
  • 最近の記事

  • 過去の記事