デスマ戦線より愛を込めて

2006-10-30 01:01 | 雑記 | デスマ戦線より愛を込めて はコメントを受け付けていません。

デスマーチを見、聞き、感じている真っ最中です。正直言って、とんでもないところに来ちゃったなあと思っています。まあ、見方によっちゃ意外と面白いですよ。退屈だけはしないので。

研修が終わって配属された先はとあるシステム開発プロジェクト。付いた先輩SE(以下、師団長)の方針でとりあえず先輩の担当するシステムのPGとして混ざることになりました。

「まーとりあえず開発というものを体験してこい」
「アイアイサー」

そのシステムはすべてが順調に進んでおり、私もPGとしてのびのびと開発に関わりました。

「この要求通りに動かすプログラム作ってくれ。細かい部分はいいから」
「わかりました隊長。分からないことがあったら聞きますね」
「あ、俺JavaScript分かんないから」
「いや、私も知らないんですが…」

結局システムの機能のうち一番小さな部分(担当2名)で先輩PG(以下、隊長)と共にプログラミング→単体試験→接続試験を経験しました。といっても隊長は他のことで忙しく(現場で一番開発ツールに詳しいためヘルプデスク状態)、実務はほとんど私。調整やら報告やらの事務処理は隊長という役割分担でやっていました。

「できた?」
「こことここでバグ出てるだけなんで、来週の試験にはたぶん間に合います」
「じゃあ報告にはそう書いとく」

ひたすら好きなように作っていいので本当に自由気ままでした。

のんびりとした雰囲気の中、別の師団に火がついているのを遠くから眺め、「大変そうだなー」と笑っていました。もっとも、私のいる師団以外はどこもかしこも煙が上ってるんですが。

そんな中、行程が一段落というところで上司(軍司令官)から肩を叩かれた。「こ、これぞサラリーマンが恐れるという肩たたきか!」と思ったらその通りで、「東部戦線の戦況が思わしくないのでお前、そこ行って旅団長になれ」とのお達し。それは煙だけではなく炎も立ち上っている場所でした。

そして先週、戦地へ赴いたところです。

ちなみに先週の勤務時間状況はべったり終電。月曜火曜はものすごい勢いで引き継ぎ資料作成、水曜は異動元の師団を挙げて盛大にお別れ会。木曜は異動先で歓迎会。金曜は同僚と飲みに。って酒ばっかりか。金曜はついに終電を逃し、高いカネ払って深夜バスに乗るはめになりました。

さて、

新しい上司の業務を見る限り、来週からは休日出勤と泊まり込みがいっそう現実味を増すでしょう。そして、新人なのになぜか一人で代表とかアドバイザーとして会議にかり出されるでしょう。ゆるゆるなプログラム漬けから一転、緊張しっぱなしの会議漬け。

 

まあ、いろんな意味でとんでもないところに来ちゃったなあと思います。(´・ω・`)にょろーん

Pocket

人気の記事

Comments are closed.

  • このページについて

    yagitchの日本語練習帳です。本のレビューとか技術的なメモとか。詳細≫
  • 最近の記事

  • 過去の記事