古巣のリニューアルによせて

2011-12-30 12:06 | デザイン | § 3

私が学生時代に運営していたウェブサイトがもうすぐリニューアルするらしい。
http://www.tsukunavi.com/
(※現在はリニューアル予定日の1/1へのカウントダウンが表示されている)

ツクナビ 20111214時点のキャプチャ
(2011/12/14時点のキャプチャ)

現行のデザインを作った者としては、それがスクラップされるというのはとても嬉しく、そして少しだけ寂しい。

作ったといっても、当時デザインリニューアルしようというただの言い出しっぺになっただけだ。その延長でプロジェクトメンバを募ってコンセプトデザインをまとめ、ウェブデザインに優れた先輩に原案(Illustratorで作ってもらった)を考えてもらい、それを自分なりにチューニングしてコードに落とし込んだ、というのが実情である。基本構造は当時のプロジェクトメンバの議論の成果だし、この「ツクナビらしさ」のデザインの基礎は先輩が作ったものだ。

しかしリニューアルに至るまで数ヶ月間はこうした画面配置とにらめっこをしていたようなものなので、誰よりもこのデザインに思い入れが深いということは主張しておきたい。

このデザインができたのは私が大学2年か3年かの夏だから、7年ぐらい前のことだ。
ウェブの世界で7年と言えば遠い昔だ。当時はTwitterやFacebookといったSNSもなかったし(スタート間もないmixiの存在を知ったのはこの仲間たちからだ)、Amazon.co.jpやYahoo! Japanも野暮ったいデザインだったし、学生がウェブで集まる場所といえば2ちゃんねるだった。

ウェブ技術的にはJavascriptが嫌われ、HTMLはXMLに統合されると言われていた。テーブルタグを使った固定HTMLが全盛で、(Movable Typeはクールな存在だった)、ブラウザと言えばIE6で(Firefox 0.8とかOpera 7.5は超マイナー)、主要ウェブサイトはURLに携帯電話向けサイトのためのサブディレクトリ(/iとか/j、/ezなど)を用意していた。スマートフォンなんて日本上陸してなかったし、Photoshop派とFireworks派がいたし、アフィリエイトはまだ普及してなくてウェブ広告と言えばクリック報酬型のバナー広告だし、ライブドアといえば無料プロバイダだし、ネットランナーはWinnyの特集をやっていたし、無料メールマガジンはまだ影響力を持っていた。すべて遠い昔の話だ。

現行のデザインはそんな時代に合わせてデザインされた。
テーブルタグを廃したデザインとか、外部スタイルシートを使うとか、横幅800pxに収まるとか(当時の解像度は1024×768が主流)、FirefoxやOperaでも表示が崩れないとか、透過PNGを使うとか、W3Cのテストに通るようなデザインというのは当時としては画期的だった。

そんな今や時代に取り残されたようなデザインを、現代に合わせて今回新しくしようということになったのは素晴らしい。

何よりも、自分たちのいた場所が、7年経ってもこうして残っているのは素敵なことだと思う。
これからどう変わっていくのかを見るのが楽しみだ。


Hello, world.

2011-12-16 18:20 | 管理 | Hello, world. はコメントを受け付けていません。

YAGITCHE's 10th anniversary logo

2001年のある日、18歳だった私はDIONというプロバイダのWebサーバにHTMLファイルをアップロードしました。彼は当時流行りだったブラウザ「Donut」を開いて「Hello, world.」と表示されたことを確認し、すぐに追加のHTMLをいくつか書きました。翌朝までに、携帯電話向けの小さな待ち受け画像サイトが完成しました。画像のほとんどは拾い物で、すべてネタ画像でした。8月21日のことです。

それから10年たちました。

文章を書くことが好きな私の、そのはけ口と実験場所としてこのサイトは続いてきました。これからも、なんとなーく文章を書いていく場所としてここを続けていくつもりです。ここを長年見てくださっている人もいるでしょうし、最近フィードに登録したばかりの人もいるでしょう。そうした人のアクセスをグラフで眺めて更新する度にニヤニヤしております。

これからもどうぞよろしく。

追伸

古いコンテンツはこちらから見ることができます。
今となっては黒歴史のような内容ですが、それも含めてこのWebサイトです。
http://yagi.tc/diary/


新幹線ぴかちゅう

2011-11-07 15:58 | 短文 | 新幹線ぴかちゅう はコメントを受け付けていません。

新幹線さくら
(ポケモン新幹線こと「スマイルエクスプレス」。本文とは無関係)

 

本日の雑談。

「知り合いに新幹線が好きな人がいてさ、娘の名前も新幹線のものにしてるんだよね」
「『ひかり』とか?」
「そう。長女が『のぞみ』で次女が『ひかり』。なんか狙いすぎだよね」
「三女が生まれたら『こだま』にするのかな?」
「それ名字じゃないか(笑)。はやりの名前ってことで『さくら』とか『みずほ』になると思う」
「なるほど」
「男の子だったら『はやぶさ』とか」
「なんだかヤンキーの息子みたいな名前だな」

「それにしても新幹線ってみんな人の名前みたいだから子供が何人生まれてもネタ切れの心配がなくていいな」
「みんな女の子みたいだよね。『こまち』『つばさ』『やまび子』…」
「『やまび子』はねえよ!『山彦』とかでいいんじゃないの」
「あとは『はやて』か。女の子への手出しが早そうだね」
「二重の意味でな」
「あと新幹線だと『あさひ』『とき』『あさま』『たにがわ』…」
「もはや名字じゃねーか! 子供の名前にそんなの付けられるかよ」
「あとは『ひかりレールスター』」
「どんな変わり者だよ!学校で『山崎ひかりレールスターさん』とか『吉田グランドひかりさん』とか出欠取られるの嫌だろ!」
「ミドルネームみたいな感じで格好良くない?」
「わかった。お前みたいなセンスの奴が子供に『ぴかちゅう』とか名付けるんだな」
「それは無いけど、ぴかちゅうという新幹線が出てきたらさっきの知り合いがきっと…」
「ねーよ」

話は変わりますけど。
某エロゲの登場人物名は新幹線の愛称から取られているんですが、でもどういうわけか主人公名だけ新幹線に関係ない名前だったんですね。ところがその名前が後になって新幹線愛称に採用され、はたして何の因果か働いているのか気になっているところです。


au版iPhoneを使い始めてわかったこと

2011-11-04 02:15 | 雑記 | au版iPhoneを使い始めてわかったこと はコメントを受け付けていません。

au版iPhoneを使い始めて分かったことをまとめておきます。

購入前に調査した制限事項はこちら。
au版iPhone人柱が気をつけたい10のこと

FaceTime/iMessageが使えない

どうせWi-Fi環境だと使えるんだろ? と思っていたらWi-Fi環境でさえ使えませんでした。そもそもiMessageの設定メニューが出てきません。試しにSoftbankのiPhoneからメッセージを送ってもらってもWi-Fiで繋がった旧3GSにしか届かない。しょうがないので旧3GSの電源を切ってみると、しばらくしてSMS(Cメール)として受信はできるようにはなりました。でも有料(キャリア間SMSは一通3.15円)。

もうどうしよもうないので仲間内で使うグループメッセージはFacebookメッセンジャーかGoogle+のMessengerを使うようにしています。

「○」問題

突然通信速度が遅くなってしまうという恐怖の「○」問題ですが、まだ2度ほどしかお目に掛かっていません。しかも一瞬で消えたので実害はないです。

ezwebメールにスパムが来る

メールアドレスを7文字くらいのものに変更したら、誰にも教えていないのに一晩で2通の迷惑メールが来ました。しかも一通はご丁寧に私のフルネーム入り。誰だ漏らしたの!…ってどう考えてもKDDIさんしか居ませんよね…。腹が立ったのでezwebメールはそのまま受信しないようにしています。まあ元から携帯メール認証が必要になった時にしか使わないつもりだったし、特段困ることもないです。個人情報保護についてはSBもKDDIもどっこいどっこいだということが分かりました。
(ちなみに、一度KDDIに契約情報を漏らされたことがあるので諦めモード)

通話とパケット通信が同時に使えない

通話用途に使うつもりがないので問題視していませんが、うっかりしていたのは「SMS送受信時も通話時と同じ扱い」という点。そうか、SMS通信って回線交換式でしたっけ。まあ今のところCメールをやりとりする人もいないし活用する気もないのでよいんですが、うっかり気が付かなかったのが地味にショック。今はいいけど、将来的にauがキャリアメールでのMMSに対応すると被害者が続々と出てきそうな予感。

PPTPが使えない

やっぱり使えませんでした。Windows標準機能でVPN構築しようとしている人は注意です。
auは対応する方向で検討中らしいです。

電波は良いような気がする

あまり動き回ってないのできちんと検証できたわけではないですが、今のところは梅田地下街とか、南森町周辺の商店街とかの奥まった店などに行っても電波で困るようなことはありません。かつてソフトバンクでiPhone 3GS買った直後、つくば駅前でまったく使えずに後悔したのは良い思い出ですね。パケ詰まりのような動きもありません。本当に安心して使えるかどうかは一度どこかに旅行にでも行けば判断できるので、その時を待ちたいと思います。

現時点での感想は「これだけ電波がいいんだったら、今までもプレミアム金額を払ってb-mobile + iPhone4を使った方がよかったのではないか?」という疑念が浮かんだり。
つまりそれくらいストレスがない。

ここからはiPhone 3GSからiPhone 4Sに変えてみての感想。

速い速い

何より速い。3GS時代にあまり遅さで困ったことはありませんでしたが、それは単に遅さに慣れていただけでした。4Sは指の一動作一動作にしっかりとついてきてくれるので待ち時間が常に0。今まではTweetするにしても「よっこらしょ」といった感じで「ボタン押す」→「Tweet画面引っ込む」→「通信アイコンが回り出す」→「そしておもむろにTweet成功のメッセージが表示される」という一連の動きを目で追いかけていたんですが、今ではボタン押すと同時に一瞬通信アイコンが回って成功メッセージが表示されます。連続Tweetしようとしても指の動きが終わる前に次のTweetがスタンバイOKになるので、まったくストレスを感じることがありません。

移動中なんかに、電波の掴みの悪さやパケ詰まりなどと組み合わさって、一瞬でTweetを完結させたいのにネットワークエラーとか画像投稿エラーとかTwitterクライアント自身のエラーとかで何度もリトライしてイライラするということが多かっただけに、ようやく「思考に追いついてくれる道具」として実用になったんだなあと思います。

電波の掴みがよい

もう一年以上前からiPhone 4で改善されていた電波の掴みの良さをようやく体感することができました。この違いは地下鉄に乗っている時に顕著です。今までは途中駅に停車しても圏外表示のままで、発車直後あたりにようやく電波が復活するという有様でした。(これでは駅間でネタを思いついてTweetしようとしても電車を降りるまでTweetできない)。4Sだと電波の掴みは一瞬。車両がホームに入るよりもワンテンポ先に電波が復活するのでTweetも余裕。今まで不満がなかったはずの3GSは、今となってはもう遅すぎて使えません。

Siriが使える

試しに話しかけてみると、意外とまともに認識できて驚きます。
ただし、英語で返してくるので返答を理解できないあたりが残念。(特に自分の語学力が)

コンパス精度がよい

今までコンパスを使う度に「コンパスの干渉」メッセージが出て不正確な方向しか表示されませんでした。(交換した3台ともそうだったのでロット固有の問題ではなさげ)。4Sではそんなメッセージが出ることはなく、きちんと方向を指し示してくれます。Google Mapsで方向連動モードがまともに使えるようになったので、これは有難い。


au版iPhone人柱が気をつけたい10のこと

2011-10-16 14:00 | 雑記 | § 1

【2012/09/14追記】
この記事はiPhone 4S発売当時の情報です。auのiPhoneはその後多数の改善がされています。

iPhone 4S

au版iPhone予約しました。au版はソフトバンク版に比べて制限が多くて人柱向きな感じだったので、制限事項や注意点についてまとめました。公式発表資料を基本として、推測や噂を加えていますので間違っているかもしれません。

1.月額料金がソフトバンクより高い
2.旧800MHz帯の電波が使えない
3.通信規格上の最高速度が遅い
4.auはソフトバンクほど電波改善していない
5.通話中は同時に3G通信ができない
6.キャリアメールの使い勝手が悪い
7.標準機能が使用できない
8.SIMフリー版iPhoneでは使用できない
9.帯域制限の方法がソフトバンクと違う
10.契約条件が分かりにくい

auのiPhoneページ
http://www.au.kddi.com/iphone/

1.月額料金がソフトバンクより高い

あちこちで比較されていますが、SBの方が安いです。一括購入の場合、auのプランZシンプル(SBのホワイトプラン相当)だと月額350円高く、au内定額がつかないプランF(IS)シンプルでも200円高いです。ただ、プランが選択できる分電話に使う前提ならソフトバンクより安くできるという話もあります。

ちなみに、私のように3GSで24ヶ月ちょうど契約満了したばかりのユーザが機種変更すべきかMNPすべきかを考えた場合の比較は以下。
(24ヶ月契約満了していない人は、これに違約金と残債分がプラス)

機種変更:
・一律6000円(毎月1000円×6ヶ月)の割引
・月月割が新たにスタート
auへMNP:
・MNP手数料 2100円(SBから請求)
・新規契約事務手数料 2835円
・IS フラットiPhone スタートキャンペーン 10000円キャッシュバック
・ソフトバンクポイントが無効になる

差額は935円(SBトータル-6000円、auトータル-5065円)なので、まあトントンに近いですが、SBが優位なのは変わりませんね。

2.旧800MHz帯の電波が使えない

電波状況はSBよりauが良いはずです。ただし、一般的に言われている(ガラケーの)auの繋がりやすさよりは劣ります。SB版iPhoneが使えるのは2GHz帯、au版iPhoneが使えるのは2GHz帯+新800MHz帯です。なので基本的には800MHz帯が使える分、SBよりはつながりやすくなります(特に障害物の多いところ)。YouTubeにたくさん上がっている両者iPhone速度比較で、屋内でauが速いのはそのためです。かつてのmovaとか、最近のFOMA(FOMAプラスエリア対応端末)で圏外が少ないのと同じ理屈ですね。

ただし、auはいま絶賛電波移行中で、従来つながりやすかった旧800MHz帯の使用期限を2012年7月24日に控えています。新800MHz対応基地局はまだまだエリア整備中です。auのガラケーは大半が新旧800MHzに対応しているので繋がりにくいということはありませんが、iPhoneは新800MHz基地局が未整備のところでは2GHz帯でしか繋がらないので、必ずしもSBより有利ということではありません。未整備地域は公式発表資料を参照してください。ただ、既に同じ状態にあるHTC EVOで特に繋がりにくかったという話を聞かないので、気にするほどではないでしょう。

新800MHz帯では制限があるのですぐに混雑する!使い物にならない!という意見も多数ありますが、あまり気にする必要はないでしょう。個人的にはおそらくiPhone自体がauの周波数帯に完全対応しているわけではない(アップルの設計思想上、世界各国での発売キャリアで使用している周波数帯の全域までフルサポートするつもりはない)と推測しているので、そもそも800MHzは周波数帯の制限付きでも使えればラッキー程度であってあまり目くじらを立てるものではないと思います。どちらかというと基地局の対応状況の方がよほど心配です。

3.通信規格上の最高速度が遅い

SB:下り最大14.4Mbps(HSDPA)
au:下り最大3.1Mbps(CDMA EV-DO Rev.A)

iPhoneを使用するなら下り1M~2Mも出れば快適だと推測していますので、最大速度はどちらも制限はありません。気になるのは基地局の対応状況です。

au エリアマップ
(おそらく9.2Mbpsエリア表示部分>iPhone最高速対応エリア>2.4Mbpsエリア表示部分)
Softbank エリアマップ
(3Gハイスピードとある部分が下り最大14.4Mbpsエリア)

速度が違うので比較しにくいですが、サンプル地域を絞ってぱっと見た感じでは、
「au 9.2Mbpsエリア>Softbank 3Gハイスピードエリア>au 2.4Mbpsエリア」
といったところなので、マップからははっきりとどちらが優れているとも言えません。ただ一つ言えるのは、どちらにしてもiPhoneの最高速度をフルに使える地域は限られるということです。なので、あまり通信規格上の最高速度比較は鵜呑みにしない方がよいでしょう。

4.auはソフトバンクほど電波改善していない

今後はソフトバンクの方が電波状況よくなるとかいう噂がありますが、まだまだだと思います。元々SBの電波が繋がらないのは自他共に認めるところです。大々的に電波改善宣言しなくてもドコモやauは元からつながります。このあたりは人によって捉え方がずいぶん違うと思います。

基地局は増やせばいいというものではないので、個人的にはSBの後先考えない電波改善は曲がり角に差し掛かっていると思います。それよりも、スマートフォン施策で完全に出遅れ、迷走を続けているauは投資規模に比べてスマートフォンユーザがまだ少ない状況にあります。そのため基地局の帯域やバックボーンの帯域共に余裕があり、SBのようにパケットの目詰まり、つまり電波が来ているのに通信ができないという状況は少ないものと思われます。急ごしらえの雑居ビルやバラックが狭い場所にこれでもかと建ち並んでいる場所よりは、家がようやく立ち始めた原野の方が使いやすいでしょう。

ちなみに、上記の例えでいくとウィルコムの通信回線やイーモバイルのEMnet接続(標準サービスじゃない方)なんかは原野の限界集落です。何しろユーザ減ってますからね。

5.通話中は同時に3G通信ができない

通信規格上の制限なので仕方ありません。
なお、Wi-Fi通信は同時に使えるのでこの制限は無いです。

iPhoneでダウンロードするサイズがせいぜい限られるので、それほどネックになるものではないかなと思います。
個人的には、電話は一切使うつもりがないので気にしていません。

6.キャリアメールの使い勝手が悪い

「ezweb.ne.jp」メールアドレスを使うにはメールアプリを使う必要があり、設定が面倒です。設定方法は公式サイトに詳しく書かれているので参照してください。
SBではSMS/MMSアプリを使ってキャリアメールの送受信ができますが、auではSMS/MMSアプリからはCメールしか送受信できません。そのためMMSをPC向けにEメールのように送ることはできないようです。

個人的にはキャリアメールを使うつもりがなく、最終的には携帯メールを全部Gmailに集約するつもりなので気にしていません。いつまでも同じキャリアを使うとは限りませんし。

また、メールチェックがフェッチ方式のようで、公式FAQでは最短15分間隔となっています。通常の携帯メールと同じようには使えませんね。おそらく暫定対応だとは思いますが、初めからプッシュができるGmailやExchange Serverを使った方がマシです。

7.標準機能が使用できない

・FaceTime
・iMessage
・ビジュアルボイスメール
・PPTP(要検証)

公式FAQにある通り、FaceTimeとiMessageは近日中にソフトウェアアップデートによる対応予定です。情報はありませんが、Wi-Fi環境では使えるものと思われます。
公式FAQにありませんが、ビジュアルボイスメールは使用できないとの噂が立っています。公式FAQでもどういうわけか通常ボイスメールにしか言及していないので、使用できない可能性が高いです。

また、これは要検証ですがPPTPが使えない可能性があります。
auのほとんどのスマートフォンはプライベートIPが振られているため、PPTPでVPNを張ることができません。(公式発表資料
IS02などはこの対象から除かれているので同様に特別対応をしてくる可能性がありますが、もしアドレス逼迫対策だとすると激増必至機種のため特別扱いがされないかもしれません。

8.SIMフリー版iPhoneでは使用できない

SIMフリー版iPhoneはGSM/W-CDMA(UMTS)のみの対応となるようです。(参考情報
ただ、公式発売しているauでわざわざSIMフリー版を契約する必要もないとは思います。

9.帯域制限の方法がソフトバンクと違う

SBは月ごと、auは日ごとの違いがあります。iPhoneの場合は次のような条件になります。

SBの帯域制限(2009年9月29日~)
判定基準:前々月の月間合計パケットが1000万パケット(1.19GB)以上
制限する期間:1ヶ月間

auの帯域制限(2011年8月15日~)
判定基準:直近3日間の合計パケットが300万パケット(366MB)以上
制限する期間:1日間(毎日、直近3日間で再計算)

制限基準も制限期間もauの方が緩いように感じます。SB基準ではうっかり対象になると1ヶ月間は制限されてしまいますが、auでずっと制限がかかりっぱなしということはそう無いでしょう。
「auスマートフォン」にiPhoneが含まれるかどうかは分かりませんが、おそらく同じだと思います。

10.契約条件が分かりにくい

言うまでもないですが、SBのS!ベーシックパックに相当するIS NET(315円)に加入しないと通信ができません。auの公式発表ではことごとくIS NET加入について言及していないのでこれを加えないで料金比較しているのを多数見かけましたが、それでは通信ができません。料金比較についてはトータル金額をシミュレーションしてくれるSBの方が親切ですね。
ただし、塩漬け運用する場合はIS NET解約できるので、実質強制加入のS!ベーシックパックよりは条件が緩いかも知れません。

「IS フラットiPhoneスタートキャンペーン」について見落としがちですが、25ヶ月目以降はキャンペーン適用されないのでパケット定額の480円値引きはなくなります。継続にしろ乗り換えにしろ24ヶ月でスッパリ見切りを付けられるよう考えておいたほうが良いです。

まとめ

なんだかんだ言っていますが、私はこれが初めてのau契約になるのでどれくらい繋がりやすいかは人づてに聞いた話でしかありません。使い始めてしばらく経ったら随時検証したいと思います。

auは後発ということでノウハウを蓄積したSBよりは詰めの甘い部分が多いです。発売までにろくな情報公開をしていないところからも社内の対応方針が混乱していることが推測されます。これらを理解した上でau版iPhoneを契約する場合は転んでも泣かない覚悟で赴きましょう。途中の契約条件変更やキャンペーン終了、対応予定の延期など平気てやらかす可能性があるので、追加で数千円のチップぐらいはずんでやる寛容な気持ちを持っておいた方がよいです。

間違いがあれば指摘ください。

参考情報

iPhone | au by KDDI
KDDI版iPhone 4Sには一部制約あり? 10の質問で同社を直撃! – デジタル – 日経トレンディネット
auとソフトバンクの『iPhone 4S』月額料金の比較表まとめ
SIMフリーiPhone 4Sは、AUとは契約できない。
スマートフォンご利用のお客様へ | auからのお知らせ | au by KDDI
au版iPhone、メールを15分ごとに確認する神仕様!:アルファルファモザイク
実は、iPhone4Sの月額料金はauの方が安い。


iPhone 4Sが欲しい携帯乞食の頭の中

2011-10-05 13:48 | 短文 | iPhone 4Sが欲しい携帯乞食の頭の中 はコメントを受け付けていません。

調べて安くなるならいくらでも調べる、それが携帯乞食。

iPhone4Sが発表になった。10月14日から発売らしい。これが欲しい。私のソフトバンクiPhoneの更新月は9月~11月までだから、auから出るならその間に乗り換えないといけない。それができないならソフトバンクでiPhone4Sで使うことになる。それかソフトバンクで縛り無効化な契約に変えられるなら変えておきたいけど、everybodyキャンペーンとホワイトプラン改定でそれもできなかったはず。そもそもホワイトプラン基本料を払うのが馬鹿らしいので、またどこかからソフトバンクにMNPして10ヶ月間ホワイトプラン基本料無料にしたい。となるとドコモかイーモバイルあたりから回線を持ってきたい。しかし残念ながらMNPできる寝かし回線は現状使い切ってしまって持ち玉が無い。となると無理やりドコモで契約即解約してMNPすることになる。量販店店頭だと安いけど縛りありインセ付きしか売ってないからドコモショップに出向くことになるな。SIMのみ契約ができたはず。いや、それだとベーシックプランになるから最安でも月3780円になって、しかも新規契約事務手数料3150円がかかる。そうか2in1という手がある。私がいま持ってる機種はD705iμだから古いと思うけど…、えーと、2in1にギリギリ対応してた! やった! これなら最安プラン+同一名義オプションで月840円+事務手数料なし。これで契約して即auかソフトバンクにMNPだな。与信情報に傷が付くかもしれんけど他の回線契約はいくつか残してるから大丈夫なはず!根拠は無いけど。

そうすると既存iPhoneが死蔵になるけど、寝かしても月2300円位かかり続けてしまう。いい番号なので一旦イーモバイルにMNPして待避させるか。時代遅れのDual diamondで契約するとMNP2100円+初期費用100円+月580円だから2年間のトータルコスト16120円かー。2年後にソフトバンク入り直したとしても今と同じ条件だったらMNP使っても9800円引きだから割に合わないなー。ドコモの2in1にMNPしたら…そもそもMNPして2in1のBナンバーになんてできるんだろうか。できたとしても月840円での維持ならイーモバイルより高くなる。それならいっそauにMNPしてWindows Phoneで遊ぶか。しかしそうなると4回線を持ち歩くことになるから使用シーン的にありえない。値崩れしててMNP一括で12800円とはいえ出費がバカにならん。どうせWindows Phone買うならメインのドコモで買いたいし、おそらくそのうちドコモから出て機種変更することになるだろう。じゃあ既存のソフトバンク回線はめでたく解約かな。

なんかもろもろ面倒になったんだけど、iPhone 4SのSIMフリー版っていくらになるのかな。1モデルで複数通信規格対応だとソフトバンクでもauでも使えるってことなのかな。たぶん高いんだろうけど。どっちにしろ電話なんて使ってないから簡単に移行できる。ドコモからWindows Phoneさえ出てくれればガラケーを捨て去ってWindows Phone+iPhone+Androidの素敵な3台体制ができるのにな。

参考

Desire HDを格安で入手する方法とお得な料金プランの紹介! – MNPを活用した乞食法
のりかえ割・「ただとも」プログラム | ソフトバンクモバイル


親にiPadをプレゼントしてみた記録

2011-09-29 02:17 | 雑記 | 親にiPadをプレゼントしてみた記録 はコメントを受け付けていません。

2ヶ月ほど前の話だが、両親への贈り物にiPadを買った。
年老いた両親にiPadがどのように使えるだろうかということにいくつか知恵を絞ったので、それについて書いておきたい。

両親は共に60代で、パソコンはわりと使いこなしている方。ネットで調べ物をするし、年賀状の印刷もやるし、問屋の発注もウェブでやっている。長く使っていると疲れるとは言いながら2~3時間は使っていたりする。普段はNECのA4ノート(Windows Vista)を使用。Macは使ったことがない。本屋で手に入る範囲の知識(基本的なセキュリティ知識とか、ワードエクセルの使い方とか)はだいたい知っている。デスクトップにうじゃうじゃアイコンがあったり常駐ソフトがえらい上がったりしているが気にしない。特に思い入れを持たずいたって普通に合理的なツールとして使いこなしているご様子。最近はYouTubeがお気に入り。

今回買ったのは本体といくつかの付属品。合わせて74,760円也。

本体

Apple iPad2 white
Apple iPad2 ホワイト 64GB Wi-Fiモデル MC981J/A 国内版

色はホワイトを選択。年を取ると視力が落ちることを考慮して、黒と白なら白の方が認識しやすいだろうという単純な理由。容量は最大のものを選択。私が自転車で走りながら撮ったフルHD動画を突っ込んでおこうと思ったので、容量的に憂いの無いものを選択した。部屋で使うので3Gは不要だし、何よりソフトバンクの電波が入らない。ということでWi-Fiモデルを選択。

カバー

Apple iPad2 Smart Cover Leather Cream
Apple iPad2 Smart Cover Leather Cream (スマートカバー)

ちまちましたボタンを開けるよりカバー開けてすぐに使えるというところが気に入った。色は本体と同じく明るい色なら認識しやすいだろうという単純な理由。あと食事した机で使うことを見越して、醤油などがちょっと付いてもすぐに気が付いて拭き取れるようにというのもある。

ケーブル

Apple digital AV Adapter
Apple digital AV Adapter (HDMI出力用ケーブル)

大画面プラズマテレビがあるので活用できるようにとセットで購入。仕事の関係でHDMIケーブルは実家にくさるほどあるのでアダプタだけ。

iTunes Card

Apple iTunes Music Card
Apple iTunes Music プリペイドカード 3,000円 MA782J/A

アプリがなければ魅力半減なので、ある程度買えるようにと購入。

購入まで

7月に大阪まで転勤のための不動産探しに行ったとき1日空き時間ができてしまった。その時に実家に寄ろうと思いつき、iPad一式も思いつきで買った。まず梅田のヨドバシカメラに行ったもののポイントが使えないことが判明し、心斎橋のアップルストアまで行って購入。アップルストアの方が包装とか綺麗だろうしね。

どうでもいいけど、アップルストアで「これ買いたいんですけど」って言ったらレジに案内されずにその場で決済までできたのは衝撃だった。アップルストアまじぱねぇ。手元の端末でクレジット決済できるし、操作画面もiOSっぽくすいすい操作してるし、未来来たね未来!

渡してみる

食事の時におもむろに渡してみた。包装の綺麗さもさることながら、付属物がほとんどないのがいいね。開けて細々したパーツやら取扱説明書を気にせずにそのまま使える。一通り開封してもらってからちょっと本体借りて簡単にセットアップした。NECのノートパソコンにiTunesをインストールしてApple IDを取得して本体認証して自宅Wi-Fiのセットアップ(うろ覚え)。ここだけは結構手間で、PC不要になるiOS5が待ち遠しい。

最低限使えるようになったら「はい」と渡してみる。といっても使い方がよく分からないようだったので机の上に置いてもらってGoogle Mapsを起動。すぐにGPS補足して現在地にぎゅーんとズームする。歓声があがる。ニヤリ。

…といっても、うちの両親はGoogle Mapsを一度ぐりぐりしたことがある。去年の夏に @u1 を自宅に泊めたときにiPad(初代)を持っていたので「こんなことができるんだよー」とデモをしていた。それでもやっぱり何度やってもいいものらしい。あちこちぐりぐりしている。弟がいたので「大学の時はこのへんにアパートがあって…」なんて思い出話をやってる。

一通り実演

しばらくぐりぐりして遊んだので次はYouTube。適当にキーワード検索して動画再生。しかしうちはADSL回線だった。あまり速度が出ないので低画質でしか再生できない。これは盲点だった。私がYouTubeにアップしているフルHDの自転車動画も表示したけどなかなか読み込んでくれない。それでもまあ一応HDMIでプラズマテレビに接続して、15秒くらい読み込んだ私の動画を見せて「こうやって楽しめるよー」とやってみた。今度元データを直接iTunesにぶちこんでおこう。

それからゲーム。AngryBirdsを実演してみた。両親はあまりゲームには興味が無いけど弟だけは食いついてきてずっとやってる。

他にMoon Globe、Star Walkを実演。父親はわりと星が好きなので好感触。両手で持ち上げていろいろ試している。

あと忘れてはいけないのがSafari。父親は重いノートPCを寝床まで持ち込んでウェブを見ていたりするので、それが軽くなってかなり助かるようだ。布団の上で使っても熱が籠もらないしね。あまり使いすぎて目を悪くしないといいけど(人のこと言えない)。

それから、丁度机の上にCDがあったのでiTunesでリッピングしておいた。すぐにiPadに転送して再生。これは反応が薄かった。とはいえ父親は音楽をPCで聞く派なのでそのうち使い方を覚えそうな気がする。

Weathernewsとクックパッドも入れておいたけど、時間もなかったしまあそのうち見つけたら使うだろう。

注意点

使い方はまあ触っていれば大丈夫だけど、壊れやすいこととバッテリー切れについては注意するように強調しておいた。間違って落としたり踏みつけたりする可能性があるので、それだけは気をつけて定期的にケーブルでつないでバックアップをとるようにと。あと、iPadの登場でNECのノートPCの出番が格段に減ると思うので、たまに電源入れてバックアップのついでに充電もするようにと。(PCを経由しない充電方法についてはレクチャーできなかったが、まあ分かるだろう)

その他設定はほぼ初期状態にしてある。カスタマイズしている時間が無かったのと、うっかりフルリセットするようなことがあっても戸惑わないようにという考え。とはいえ初期状態で何も困ることは無い(困るのはWi-Fi設定くらいかな)くらい完成されているのがiPadなので、そのあたりはあまり心配していない。

その他

Twitterアプリやカメラアプリについては触れなかった。使うシーンが思い浮かばないし。

iTunesには私のクレジットカードを登録していろいろ購入してみたが、カード情報を消しておくのを忘れた。両親はカード決済には抵抗があるので「うっかり購入して使いすぎたりはしないだろうか」という考えが邪魔してアプリを追加できなかったりしていないか心配している。そのためにプリペイドカードまで買ったのに…。

これでNECのノートPCはiPadのバックアップと年賀状印刷専用になってしまった。この先リモートバックアップができて印刷もできるようになれば、両親のPC環境はiPad一つに置き換えられるだろう。

その後

結局実家には一晩しかいられなかったので簡単に使い方を実演するだけで終わったけど、その後電話で話す限りは結構使いこなしているようだ。特に弟がゲームしたさに手放さないらしい。買って帰った甲斐があるが、できれば両親のネット活用の幅が広がることを期待している。母親はクックパッドアプリを見つけたらしく「そのうち使い方教えてよ」なんて言っていた。まあ起動してキーワード検索するだけなんだけどね。

たぶん次に帰ったときは面白いアプリが増えていたりするのかなあとワクワクしている。その前に、この間撮った出雲の自転車動画をYouTubeにアップしないとな。


リアルタイム大阪

2011-08-13 00:00 | 短文 | リアルタイム大阪 はコメントを受け付けていません。

大阪に引っ越してからもう一週間になります。おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。

大阪こわい
なんというか、まるで外国。ガラの悪い人の遭遇率が異様に高い。見るからに危険そうな人が道を歩いているほか、路上にヤンキーファッションな人がたむろしたり、場所かまわずルンペンがいたり、若いにーちゃんが中学生みたいにはしゃいで取っ組み合いしてたり、おっちゃんが店に怒鳴り込んでたり、某大臣風に言えば「元気があってよろしい」的な異様な雰囲気。私的に言わせてもらうと「冗談じゃない」。引っ越してきた当日に地下鉄のドアを無理やり開ける技を見たときは恐怖した。あと、翌日には外で喧嘩が始まった。どうなってんのここ。治安はそんなに悪くない地域だと思うんだけどなあ。

大阪市営地下鉄で、目の前で扉が閉まったことに腹を立てて扉を殴り蹴り倒し、運転室に怒鳴り込んでようやく開けてもらってるおじさまを目撃してショックを受けた。ここにはよう住まん。
@yagitch
yagitch

なんか外で喧嘩する声が聞こえるんですけど。この街に住み続ける勇気がありません。
@yagitch
yagitch

大阪ややこしい
なんなのこの路線図の複雑さは。図が複雑なんじゃなくて、会社が入り組んでるあたりが複雑。東京の東側に住んでたらJRとメトロと都営と東武とTXくらいしか知らなくてよかったけど、大阪なんなの。阪急に阪神、京阪、JR、地下鉄、近鉄、南海…。しかもPiTaPaってそのへんですぐに買えるものじゃないのか。実態はクレジットカードなので作る気が失せた。代わりにプリペイドの磁気カードを使っている。

あと、タクシーの運転手が総じて無愛想。ブランドの付いてるタクシーなのに全員が個人タクシーみたいな感じ。でも適確に要求に応えてくれる。(東京だとこうはいかない)

大阪ぶっそう
都心にある会社に近い場所で探したらわりと人気のエリアに落ち着いた。住んでみて分かったことは女性多すぎ。うちのマンション、住人を10人近く見たけど全員女性。治安の良いところでオートロック付きで探すとこういう物件に行き着くんだろうなあ、という印象。ほかに、夜9時とか11時とかに駅から家に帰る道中、同じ方向に歩いているのが私以外全員若い女性(単身住まいで仕事帰りっぽい)、とかそういうこともちらほら。他に住みやすいとこないんかい。

でも外で喧嘩は起きるんよね。

大阪ガラ空き
つくば⇒東京で片道2時間をかけて通勤していたのはもう過去の話。今では片道20分。東京の通勤事情がどれだけ異常だったかというのが今ではよくわかる。通勤時間1時間はわりと遠い方(東京だと普通)。京都市内から通勤してる同僚が「えっ、なんでわざわざそんな遠いところ住んでんの?」と話題になっていたのが印象深かった。あと、通勤ラッシュの地下鉄に乗ったらガラガラで驚いた。こんなんで採算とれんの。

大阪たこ焼き
うちの近所はたこ焼き屋が多すぎなんだけど、これは観光客目当てのレベルには収まらないほどの数なので、やっぱり大阪はみんなたこ焼き食ってるんだなあと思った。だいたい一つの交差点で3つから4つは一度に見える。都心部のコンビニとか、高松市内の讃岐うどん屋密集ポイントとかと同じような感じ。お好み焼き屋も目立つけど、たこ焼き屋ほどのインパクトはない。でも弁当屋のメニューには必ずお好み焼きがある。

まいどおおきに
「まいど」「おおきに」はわりとよく聞く。香川に住んでたときは自営業やってた父が「まいど」と電話に出るときは取引先からの電話、くらいの感じにとらえていたんだが、見る限り本当に隅々まで商売する人が使っている(全員が使ってるわけではない)。うちに届けに来た佐川のにーちゃんも「まいどおおきに」と言っていた。「おおきに」も子供の頃からずっとじーちゃんばーちゃんの使う言葉だと思っていたが、商店街の個人商店とか飲食店で買い物するとだいたい言われる。


大阪に転勤になりました

2011-07-22 00:00 | 短文 | 大阪に転勤になりました はコメントを受け付けていません。

仕事の関係で大阪に引っ越すことになった。来月。

香川に18年、関東に9年、実に人生の3分の1を濃いめの味付けの文化圏で過ごした計算。うどんではなくそば、お好み焼きではなくもんじゃ焼き、砂糖と醤油ではなく割り下、丸餅ではなく角餅、ぜんざいではなく汁粉、りんご飴ではなく杏飴、ふぐではなくあんこう、60kHzではなく50kHz、長い時間をかけて東方の文化への違和感は少しずつ消えてきたのだった。(それでもやはり故郷のものが一番だけど)。

ここにきて引越が非常に面倒くさい。「蔵書を電子化するんだ!」と意気込んで買ったScanSnapは埃をかぶってるし、どうすんだよこの本の山…。おそらく引越重量の半分は蔵書になるだろう。読まない本を一気に処分しないといけない。

大阪に転勤になったと言うとたいてい「実家に近くなってよかったね」「電力を気にしなくてよくなったね」「放射能の心配がなくてよいね」の3つの反応のどれかが返ってくるけど、別にどれも私にとってインパクトは無い。まあ、実家に帰るための交通費は5分の1くらいになったので盆正月以外にも帰りやすいのは事実。

それよりデメリットとして、飲み友達やらが全員東京にいることと、かれらと一緒に今まで東京都内で開拓した飲食店データベースが無駄になってしまうことが惜しい。まあ、これを言ってしまうと「じゃあお前はこの先東京に骨を埋める気なのか」ということになるけど、そんな気はさらさらないので、いつか来るべき時がきてしまったんだなと思ってさらりと流すしかないのだろう。別にどこか特定の場所に執着する気はない。Amazonの荷物と光回線が届くならどこだっていいのだ。

引き続き大阪でも旨い店を開拓するので、友人知人の皆様は大阪に来た際にご一報くださいませ。


スーパーボリューム・ミー

2011-07-21 00:00 | 短文 | スーパーボリューム・ミー はコメントを受け付けていません。

ちょっとは静かにしておいてもらいたいものである。

静寂の価値 – タイム・コンサルタントの日誌から
http://brevis.exblog.jp/11378036/

私も同じことを考えていて、無駄に町中に音楽を垂れ流し続けるのはやめてほしいと思う。たとえばBGMを流さないなど、静寂が売りのカフェチェーンがあってもいいと思うし、飲食店でもBGMが届かないような席を選べるようにしても良いと思う。嫌煙権が認められた結果分煙が進んだように、嫌音権を認めて隔離スペースを選択できるようにしてほしい。

とは言うものの現状では逃げ場などないので、何とかして自衛するしかない。私は騒音のひどい場所を歩くときはイヤホンを付けている。音楽を聴きたくないときは何も流さないままイヤホンを付けている。カナル型イヤホンなので音楽を流さない場合でも耳栓として機能する。さすがに人混みの中を歩くときは人にぶつかりやすいのではずすよう配慮しているが。

それから、空港を使う際は有料待合室を愛用している。手続きを終えて一休みしたい時に次から次へとアナウンスが流れている中ではろくに落ち着けるわけがない。有料待合室では静かな音楽が流れているか、まったく流れていないので自分のペースでくつろぐことができる。空港以上にターミナル駅なんかもなかなかうるさいものだが、幸いなことに駅は待ち時間が少なくて済むのでこちらはあまり気にしていない。

もっとも嫌なのは商店街だ。高松市の某商店街のようにアーケード全体で音楽を流すのはやめてほしい。本当にやめてほしい。本当に本当にやめてほしい。パチンコ屋のような騒がしい存在はその場所から離れればどうということはないが、校内放送でもないのに同時放送用スピーカーまで用意して聞きたくもないアップテンポの音楽をエンドレスで垂れ流しているのは気が狂っている。いったい誰が得しているの? 誰かこの曲を聴きたいの? たとえば夏祭りが迫っているような時期に祭りの音楽を流したりするのなら話は分かる。でも年中おなじ音楽を聴かせる意味がどこにある? 最近、都内の商店街でも同様のことをやっていて(警察署からの防犯アナウンスのためらしいが、アナウンスの無い合間はずっと音楽を流している)愕然とした。

同じようにやかましくポップスを流しているハンバーガーショップなどもあるが、別にバーガーショップは落ち着くための場所ではなく、やかましくおしゃべりするための場所だから仕方がない。しかしコーヒーショップは落ち着くために入る人もいる。そんなところでポップスなんか流された日にはコーヒーカップを床に叩きつけて帰りたくなる。

家電量販店は音楽を流すのをやめてほしい。値段をアピールするのは良いし、それに拡声器を使っても別にかまわない。でもメロディを狂ったように流すのはやめてほしい。しかも洗脳されそうなチープな音楽をエンドレスで。買わせたいのは分かるがさすがに足が遠のいてしまう。秋葉原の町はもはやこうしたチープ音楽がアイデンティティのようになってしまったが、できれば魚市場的な騒がしさのほうが「電気街」という名前にマッチすると思う。リアルな人間の伴わない、ただの騒音の際限ないコピーは「にぎわい」なんかじゃない。

3月の地震の後、私はTVとラジオをつけっぱなしにしていた。このときに気が付いたことの一つが普段のCMの耳障りさだ。地震後しばらくの間は全国のテレビとラジオからCMが消えた。しばらくしてCMが再開されたが、いずれもクオリティの高いものだけが残った。推測だけど、考え無しにCMを垂れ流すようなスポンサーは自粛の波に揉まれ、配慮あるCMを作ることが出来るスポンサーとそれに応えられるクオリティのものだけが勇気を持ってCMを流すことができたんだと思う。このときばかりは音楽があっても控えめで、このときのテレビ・ラジオの雰囲気がずっと続いて欲しいと思った。

カフェではイヤホンに、酒場は個室に、テレビはミュートに。これが今できるささやかな自衛だ。


 Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 50 51 52 Next
  • このページについて

    yagitchの日本語練習帳です。本のレビューとか技術的なメモとか。詳細≫
  • 過去の記事